透析看護師の転職先:介護施設

介護施設で働く魅力とは?

透析看護師の転職先:介護施設



透析看護師の需要が高まっているものに、介護施設があります。介護施設は高齢者が入所する場所です。 看護師の仕事は、入所者の健康や安全を守り安心して生活してもらうことです。
日勤常勤の透析看護師になるには?

今、述べたように介護施設はそこに入所する人たちにとっては「生活の場」になります。 介護や日常の簡単な医療措置はあるものの、一般的な病院のように治療がメインではありません。 よって看護師の仕事も一般的な病院とは異なります。

まず健康管理が中心になります。 医師に処方された医薬品の服用をサポートするといったことから、健康観察、入所者との会話やコミュニケーションによって探っていくことも必要です。

そうした措置のほか、患者がより快適に過ごしてもらうため、生活の質をあげてもらうための看護を考え、実行しなければなりません。 マニュアルだけでなく、入所者ひとりひとりとの信頼関係の中で行われていくこともあるでしょう。

ただいくら生活の場とはいえ、入所者がいつ急変するかはわかりません。 介護施設は医師が常駐しているとは限らないので、そうした場合は看護師が先頭に立って適切な処置をする必要があります。

医師への連絡をすべきか否かの判断を含め、非常に重要な役割を担うことになるのです。 また、介護施設は医療機関に比べると看護師の人数が少ないです。 ほとんどのスタッフが介護関係ということが少なくありません。

状況によっては看護師ひとりで判断しなくてはならないこともあるでしょう。 そうした情況は少ないとはいえ、やはりそれなりの経験を積んでいたほうが自分自身が落ち着いて仕事ができます。

介護施設への就業を希望する場合は、ある程度医療機関で経験を積んで判断力がついてからの転職をおすすめします。

今後、高齢化の加速に伴って介護施設の看護師の需要はますます高まるでしょう。 将来的な介護施設への転職を考えて、今のうちに多くの症例を経験できる総合病院に就業しておくのも、キャリアアップとしてのひとつの手段といえます。

看護師の就業先:訪問看護

今、日本の医療の世界では在宅医療が進みつつあります。 在宅医療とはその名の通り、自分の家で生活をしながら必要な医療を家で受けることです。 患者やその家族にとっては普段はいつも通りの生活ができるうれしいシステムになります。

何より、慣れた場所や家族と生活できるということは、一番の処方箋かもしれません。 在宅医療の実現を可能にするには当然、在宅医療を請け負う医師や看護師の存在が必要です。 特に普段のケアや長い時間、患者やその家族と接する機会のある看護師の役割は非常に大きいと言えます。

往診日などでなければ訪問看護は基本的に、1人で患者の元へ行って必要な処置を行います。 健康状態を把握して、判断しなければならないのです。 時には医師への連絡が必要な時もあるでしょう。

そうした判断力を生むには、やはり豊富な経験が必要になります。 しかも総合病院や救急など多くの診療科で、臨床経験があるほうがいいでしょう。 看護師としての経験だけでなく、自分で判断をするといった度胸や自信も必要です。

もちろん過信という意味ではなく、必要に応じて同僚に相談したり、医師に報告したりといった柔軟性も欠かせません。このように訪問看護の仕事をしていく上では、看護師としての総合力が必要になるのです。

一方で訪問看護は緊急のコールなどを除いては夜勤はありませんし、子育てや家庭と両立しながら働きやすいというメリットもあります。 多くの入院患者を抱える病院と違って、訪問しているその瞬間は患者と1対1で向き合えるというのも訪問看護の魅力です。

これは訪問看護ならではといっても過言ではありません また先述したように、新卒や経験の少ない看護師ではできない仕事なので、なり手不足で給料や待遇がいいところも多いです。

勤務体制についても色々な形態があったり、柔軟に対応してくれたりするところがあります。 看護師としての経験を積んで、家庭と両立しつつ新たなステージに進んでみたいと考える人には、訪問看護もひとつの選択肢になるのではないでしょうか。

看護部長の特徴、役割

看護師の管理職として働きたいと思っているのであれば、管理職ごとの特徴についてチェックしましょう。

看護部長は管理職の中でも代表的な立場です。 役割は、看護師長まとめることのほか、看護部の方針を示したり、経営者のような視点からも物事を考える必要があります。

そのため、メンバーをまとめる能力だけでなく、広い視野を持って動ける人でなければなりません。各病棟での新人看護師の育成状態をチェックしたり、それぞれの立場・病棟で仕事がうまく回せているかを確認することも看護部長の仕事です。

リーダーシップだけでなく責任感を持ちながら働ける方は看護部長候補への応募を検討してみると良いですね。求人自体は数が多くありません。 そのため、職場によっては競争率が非常に高くなってしまうこともあります。

当然ながらそれまでの経験を考慮した上で採用が決まるわけなので、看護師としての経験が多い方が有利です。

応募資格が定められていないところもありますが、多くの求人では看護部長として数年間働いた経験がある人のみを採用としている所もあるため、まずは経験を積むことから始めましょう。

求人情報は大々的に出されるというよりも、転職支援サイトの非公開求人として出されることが多いです。そのため、看護部長の求人を探そうと思っている方はたくさんの看護師専門転職支援サイトに登録すると良いでしょう。

いくつかある看護師の管理職の中でも看護部長は最も上の存在となります。そのため、これまでに看護部長としての経験がない方は、主任や看護師長から検討した方が良いでしょう。看護部長は看護師長の一つ上の立場として総合的な人間関係の把握や若手の育成状況の管理なども行います。

何らかの事故が起きた際に対応に追われることもありますが、とてもやりがいのある仕事ということもあり、看護部長目指す方は少なくありません。仕事は非常に忙しいですが、それに見合った年収が得られるのも魅力です。

看護師長の特徴、役割

看護師長は、新人看護師の育成や管理だけでなく、病床管理や人員配置なども行います。経営者側の視点を持つことも求められるため、時には病院の損益についても考えなければなりません。

そのため、やる気があれば誰でも務まる仕事だとは言えないでしょう。多くの病院では経験豊富な看護師が看護師長として選ばれるため、看護師長を目指している方はまずは経験を積むことが大切です。

これから看護師長を目指したいということであれば、十分な経験を積んだ上で転職支援サイトなどを活用して求人情報探すという手もあります。また、現在すでに看護師長として働いているものの待遇などに不満があるという方は転職することを検討しても良いでしょう。

すでに経験豊富な看護師長は様々な職場で求められていますが、求人数はそれほど多いわけではありません。そんな中で自分にとって理想的な職場を探すためには、できるだけ多くの求人をチェックすることが大切だといえるでしょう。

看護師専門の転職支援サイトには非公開求人として看護師長候補の求人情報が出ていることもあるので、そういったところをチェックしてみると良いですね。

病院の運営方針や目標を達成することができるかというのは看護師長にかかっているともいえます。そのため、非常に責任感の強いポジションだといえるでしょう。

また、看護師だけでなく患者さんを含め病院全体にも目を配る必要があるため、患者さん同士の間で起きたちょっとしたトラブルなどには看護師長が直接対応しなければならないケースもあります。

様々な立場の方から相談されたり対応を求められることもあるため、やりがいだけでなく、板挟みになるストレスを感じてしまうことも珍しくありません。収入面では役職手当がつくということもあり魅力も高いですが、様々な状況に柔軟に対応できる人でなければ務まらない役職だともいえます。

キャリアアップに繋がることは間違いないので、経験が浅い方は少しずつ実力をつけながら看護師長を目指しましょう。

↑ PAGE TOP